あなたに合うムダ毛処理教えます|元剛毛女のスキンケア講座

スポンサードリンク
                    
 

  脇のブツブツは3タイプ|鳥肌を治す効果的な方法

                    

いつのまにか脇が鳥肌みたいにブツブツになってしまった!?
せっかくムダ毛のお手入れをしても人に見られたくない脇になってしまうのは残念ですよね
 

ひと言に脇のブツブツと言っても大きく分けて3つの症状があります。
あなたの脇はどんなブツブツですか?
 

1、毛穴の周りが盛り上がり鳥肌が立ったようなブツブツ

脇が鳥肌のようにブツブツになってしまうのは毛抜きによる自己処理が大きな原因
毛抜きはツルツルの状態が長くキープできるし、生えたてのチクチク感もないので
抜く方も多いと思いますが、実は自己処理の中でもっともやってはいけない処理方法
 

2、毛穴の中に黒い毛が残ってブツブツしている状態

これはよく言われる埋没毛、カミソリで間違った剃り方をしていると
皮膚が毛穴を塞いでしまい、毛が外に出れなくなってしまいます。
正しい処理や埋没毛対策は別の記事で紹介しますね。
 

3、毛穴が赤く腫れてしまいブツブツしている

毛は、毛根にある毛母細胞というものから分裂によって成長します。
毛を抜くということは、この生きた組織を引きちぎることになるので当然痛みを伴います。
それに見た目ではわかりませんが、毛穴の奥で多少の出血もしています。
 

毛穴が赤く腫れているのは、この傷ついた毛穴に雑菌が入り炎症を起こしています。
症状が悪化すると膿んだりしてシミや色素沈着の原因となりますので
皮膚科で診断を受けることをおすすめします。
 

このように、ブツブツと言ってもいろいろありますが
今回は鳥肌が立ったようなブツブツの原因と対処方についてお話します。
 

鳥肌が立ちっぱなしの状態になってしまう理由
 

鳥肌が立つ時は寒さ恐怖を感じた時や、何かに大きく感動したりすると起こりますよね。
これは毛の周りにある「立毛筋」というものが交感神経の刺激によって
筋肉を収縮するいわば生理現象の1つなんです。
 

毛抜きを続けている場合はこの立毛筋が過度に緊張を起こしてしまうので
鳥肌のようにブツブツになってしまいます。
特に脇の下は皮膚が薄く弱いので、引っ張られた皮膚が戻らずブツブツになりやすようです。
 

鳥肌のようなブツブツを治すには
 

毛抜きという自己処理が原因なので、まず抜く以外の方法に変えることが必要

カミソリやシェーバーを使う時の注意点

肌が凸凹している状態になっているので皮膚が傷つきやすくなっています。
傷つくと黒い点々としたシミになったりすることもあるので
カミソリやシェーバーで処理する際は深剃りしないようにしましょう。
 

脇だけは脱毛するべき

脇を脱毛すると、処理する必要がなくなるので鳥肌も自然となくなります。
但し、脱毛したからと言ってすぐに無くなるわけではなく、ある程度時間が必要です。
 

自己処理で綺麗な脇をキープするには、プレケアに正しい処理方法
そしてアフターケアとかなりの労力が必要になります。
特に人よりも毛深いと悩んでる方ほど、処理頻度は多く肌トラブルを起こす危険も高いです。
 

先ほども言いましたが、脇は他の部分より皮膚が薄くデリケートな部分
綺麗な脇を目指したいなら脱毛がおすすめです。
 

脇は他に比べて格安に脱毛できるので、特に学生さんにはおすすめ
昔は、未成年で脱毛してもまた生えるからあとでした方がいいと言われてましたが
それは、脇脱毛で数万もしていた頃のはなし
 

今ではミュゼなんかは数百円で何度でも通えるサービスをしてるので
失敗したとしても全然痛くない金額です。
私なら迷わず通ってましたね。
 

ただ、脱毛サロンの場合は医療レーザーに比べて効果が出るのに時間が掛かるし
あまり効果が得られない方もいるので、よく調べてから通うようにしてください。
 

スポンサードリンク

Return to page top