あなたに合うムダ毛処理教えます|元剛毛女のスキンケア講座

スポンサードリンク
                    
 

  カミソリ処理の埋没毛対策|剃り方からアフターケアの注意点

                    

埋没毛は毛抜きで抜いたりすると起こりやすいと思われてますが
カミソリで剃った場合でも、剃り方が間違っていたり
アフターケアを怠ると、毛抜きと同様に埋没毛が発生します。
 

剃ったあとに毛が出てこず、皮膚の中でとぐろを巻いてる!?
黒いポツポツが無数にできてしまったなど、これらはすべて埋没毛

 

一度なってしまうと、再発する可能性も高いので
非常に厄介な肌トラブルでもあります。

 

放っておいて最悪なケースは埋没毛が原因で膿が溜まってしまうこと
こうなると、自己ケアではどうにもならないので
皮膚科に行って処置してもらうしかないんです。
 

しかも、膿は切開して出すので大きな傷跡が残ることも
 

まぁ、これは稀なケースだと思うんですが起こりえないことはないので
埋没毛になったら、そのまま放っておくのではなく
なんらかの処理するようにした方がいいかと思います。
 

埋没毛になりやすいのには体質も関係ある?
 

埋没毛にもなりやすい人となりにくい人がいるようですね。
これは私なりの解釈なんですが、肌が弱い人は傷つきやすいせいか
肌が敏感に反応するので、やはり埋没毛になりやすいかと思います。
 

なので、自分でも肌が弱いと感じる方は、たかが剃るだけと思わず
しっかり知識を身につけてから剃るようにしてください。
 

埋没毛にならないように剃るための注意点
 

埋没毛になる原因は、カミソリで傷つけられた肌が
修復しようと毛穴を塞いでしまうことから、新たに伸びる毛が
外に出れずに皮膚の中に入り込んでしまいます。
 

埋没毛を防ぐには以下の点に気をつけるようにしてください。
 

・剃る時はクリームなど皮膚を保護しながら剃る
・逆ぞりはしない
・深剃りしようと何度も同じところを剃らない
・処理後のアフターケアをしっかり行う

 

処理するタイミングは、入浴後におこなうと毛が柔らかくなって
剃りやすいですし、毛穴が開いているので仕上がりも綺麗になりますよ。
 

また、風邪気味や生理前など体調の悪い時は免疫力が低下し
肌トラブルが起こりやすくなりますでの、このような時は処理を控えましょう。


カミソリでの処理が向いてない人
 

サメ肌や鳥肌ように肌がデコボコしている
アトピーなどの敏感肌
 

鳥肌のように肌がブツブツしてしまっている場合
カミソリで剃ってしまうと、皮膚を傷つけることが多く
剃った後に血豆のような赤い点々が残ったりすることもあるの
 

続けていると今度は色素沈着してしまいずーっと残ることにもなるので
シェーバーや除毛クリームなど他の方法を試した方がいいでしょう。

 

スポンサードリンク

Return to page top